SECHSKIESカン・ソンフン、グループを離れる! YGとも専属契約解除

SECHSKIESのカン・ソンフンがグループを離れることが1日、明らかになった。所属事務所YGエンターテインメントとの専属契約も解除した。ファンクラブを通じてこの日、発表した。昨年からトラブルが相次ぎ、裁判沙汰に発展するなど相変わらずの”お騒がせ男”ぶりを見せたカン・ソンフンは、寂しい新年を迎えることになった。

グループの迷惑になる

カン・ソンフンはこの日、個人ファンクラブ「フニワールド」に書き込みを掲載し、「YGエンターテインメントとの議論の末に、2018年12月31日付で専属契約を解除することで合意し、SECHSKIESとしてのすべての活動に参加しない」と発表した。

カン・ソンフンは「現在、自身の心理的な問題で復帰の時期を予測できない状況だ。これ以上SECHSKIESの活動が先延ばしになることは、グループに大きな迷惑になると判断し、たくさん悩んだ」と明かし、グループを離れる決断を下したようだ。

これに対してYG関係者は1日、「カン・ソンフンと議論の上で専属契約を解除したことは事実だ。カン・ソンフンがこれから良い姿を見せ、成功することを祈る」とコメントした。

相次ぐトラブルに…

カン・ソンフンは昨年9月ごろから、カン・ソンフンのファンクラブの運営や台湾ファンミーティングのキャンセルなどの問題が浮上した。カン・ソンフンがフニワールドの運営者と恋人関係だという噂まで出回ったりもした。このため、同10月にソウル・KSPO DOME(オリンピック体操競技場)で開催されたコンサート「SECHSKIES 2018 COCERT『今・ここ・再び』」に参加できなかった。

さらに同11月には、2017年4月15日にソウル・清潭洞(チョンダムドン)のある映画館で開催したSECHSKIESデビュー20周年記念映像会イベントにおいて、チケット販売の収益金などを寄付を装って横領したなどとしてファンから告訴されるなどトラブルが続いた。

ファンに謝罪&感謝

一連の事件について悔しさをぶちまけたカン・ソンフンは最近、SECHSKIESのメンバーやYGエンターテインメントのヤン·ヒョンソク代表プロデューサーのSNSアカウントのフォローを外し、その背景に注目が集まった。

カン・ソンフンは「長い空白期間にもかかわらず、待ってくださったファンの方々、忘れずに歓迎してくださった多くの方々の期待に応えることができなかった点、本当に申し訳ない。私に関することで被害を受けたSECHSKIESに心よりお詫び申し上げる」と謝罪。最後に「長い間、SECHSKIESとしてのカン・ソンフンを応援してくれたすべての方々に心より感謝したい。今後のSECHSKIESのメンバーの活動にも多くの応援をお願いします」とファンにメッセージを送った。

関連記事一覧