ヒョリン、KBS演技大賞で見せたハイレグ衣装での扇情的ダンスに批判殺到! 「子供たちと一緒に見られなかった」

SISTAR出身の歌手ヒョリンが12月31日にソウル・汝矣島(ヨイド)のKBS新館公開ホールで開催された「2018 KBS演技大賞」で披露した祝賀ステージが視聴者たちからの批判が殺到している。ハイレグの衣装でお尻をあらわにした刺激的なファッションに、視聴者たちは「子供たちと一緒に見られなかった」「ソロコンサートなら表現の自由といえるが、さまざまな年齢層の視聴者がいる地上波では不適切だ」と批判の声を挙げている。

お尻が露わの大胆衣装でダンス

ステージそのものは圧巻だった。

ヒョリンは2部のオープニングステージに登場。黒の帽子に白いスーツ、ロングブーツ姿のヒョリンはドラマ「黒騎士~永遠の約束~」のOST「Spring Watch」を熱唱し、抜群の歌唱力で客席を魅了した。

続いて、8人のバックダンサーたちが現れると、ヒョリンは客席でステージを見守っていた俳優チャ・テヒョンに向かって「チャ・テヒョンオッパ、私と一緒に海を見に行きませんか?」と呼びかけ、スーツを脱ぎ捨てた。すると、「SEE SEA」というソロ曲に合わせたのか、水着を連想させるほどお尻があらわになるハイレグのボディースーツ姿で刺激的なダンスを披露。さらに、お尻を強調する振り付けがポイントとなる「Dally」をセクシーに歌い踊った。もともと同曲はミュージックビデオでの破格的な衣装と振り付けで19禁制限がかかったほどだけに、視聴者の不快感は頂点に達した。

俳優たちも当惑の表情浮かべ…

拍手をしながら,ヒョリンの舞台を一緒に楽しんだ俳優たちも果敢なパフォーマンスに驚いたり、当惑した表情をする姿がテレビカメラにキャッチされたりした。

ポップスターの来韓公演かと思わせるほどのステージに、「これぞプロフェッショナルだ」と絶賛する意見もあるにはあるが、「扇情的過ぎて見ていられなかった」と眉を顰める人たちの声の方が圧倒的に多かった。「音楽授賞式ではなく俳優たちのお祭りではやり過ぎだ! 歌とダンスの実力は認めるが、時と場所を考えるべき。俳優たちの豊穣が物語っている」「格好いいけど、あの場では不快」など批判の声が相次いだ。演技大賞には子役俳優も参加していたことも批判の原因となった。

こういった批判の声に「視聴者の見方があまりにも保守的過ぎる」との反論の意見も出たが、「適切な水準を守っていたらもっと素敵な舞台になっていたはず」と残念がる声の方が大多数だった。

最新情報をチェックしよう!