Warning: Use of undefined constant TDC_PATH_LEGACY - assumed 'TDC_PATH_LEGACY' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lovekoreaent/koreaentame.com/public_html/wp-content/plugins/td-composer/td-composer.php on line 114

Warning: Use of undefined constant TDSP_THEME_PATH - assumed 'TDSP_THEME_PATH' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lovekoreaent/koreaentame.com/public_html/wp-content/plugins/td-composer/td-composer.php on line 118
Wanna Oneファン、「2018 KPMA」人気賞でEXOとの共同受賞に激怒!  – KEnews

Wanna Oneファン、「2018 KPMA」人気賞でEXOとの共同受賞に激怒!

Wanna Oneのファンが、20日午後に京畿道高陽市のKINTEXで開催された「2018 大韓民国大衆音楽授賞式(2018 KOREA POPULAR MUSIC AWARDS、以下2018 KPMA)で、人気賞を投票1位のWanna Oneの単独受賞ではなく、2位のEXOとの共同受賞になったことについて激怒している。

今年初めて開催された「2018 KPMA」は、大韓歌手協会、韓国芸能制作者協会、韓国アルバム産業協会など大衆音楽関連団体が共同で主催した受賞式だが、主要部門の受賞者である防弾少年団(アルバム賞)、TWICE(音源賞)は授賞式に欠席し、今年活発に活躍したアーティストのほとんどが除外されるなど残念なイベントになってしまった。そればかりか、公正性を問われる騒動までもが起こってしまった。

問題となったのは人気賞だ。先月20日から授賞式当日の午前まで、オンライン投票を行った。Wanna Oneは151万7900票で、149万6101票のEXOに2万1799票の差を付けて1位となった。1つのチームに授賞するという告知は行われなかったが、投票が有料で進められる状況だけに1位だけにトロフィーが与えられると予想するのが一般的だ。ところが主催者側は、2位のEXOにも人気賞を与えたのだ。

これに対しファンはツイッター上で「kpma_人気賞_解明」」というハッシュタグ運動を繰り広げ、主催側に抗議している。特にWanna Oneのファンは大激怒だ。投票が100%反映される人気賞の場合、共同受賞はありえないからだ。

主催側も授賞式が終わってからメディアを通じて配布した受賞者名簿の「人気賞」部門でWanna Oneを1位、EXOを2位と表記した。このように主催側も明確にランキングを表記したにもかかわらず、共同受賞を発表したことにより、現在ファンたちは主催側に対して解明を要求。「2位まで受賞できると告知したらファンたちもこんなにお金を払って投票しただろうか。主催者はきちんと説明するとともに払い戻しをしろ。これは詐欺だ」「人気賞投票が100%なのに、なぜ2組に授賞するんだ。全額払い戻した上、二度と表彰式をするな!」などと怒りを爆発させている。

関連記事一覧