FNCエンタ、“救急搬送”AOAソリョンの体調不良理由を訂正&謝罪「火薬でなく体調不良による過呼吸」

AOAのソリョンが15日の公演中に吐き気を訴え救急搬送された中、所属事務所FNCエンターテインメントは16日、報道資料を通じて「ソリョンは軽い風邪の症状で喉が腫れ、具合が良くない状態で多くの人が集まった屋内ステージの熱い空気によって一瞬過呼吸になった」と発表した。

当初は「舞台特殊効果の火薬によりめまいを感じてすぐに病院に運ばれた」と説明していたが、「主催側に確認した結果、イベントに使われた舞台特殊効果は火薬ではなく、人体に無害な炎だった」と訂正し、「イベント当日は慌てて余裕がなく、正確に案内することができなかった」と謝罪した。 。

ソリョンがステージ裏へと戻った際、ステージではリーダーのジミンがファンに向かって、「ソリョンは風邪と疲労により体調がよくありませんが、そんなに心配しなくても大丈夫です」と驚いたファンを落ち着かせた。

この発言のため、ファンは所属事務所の説明に疑問を呈すると、所属事務所はこの日、訂正のコメントを発表した。

ソリョンの状態については、「すぐに追加検査を受け、現在はコンディションをだいぶ回復した状態だ」という。

ソリョンは15日、ソウル・高麗(コリョ)大学花井(ファジョン)体育館で行われた「ポートナイトコリアオープン2018」のイベントに参加してステージを披露したが、パフォーマンス中に体調不良をうかがわせるなどしてファンを心配させた。

関連記事一覧