CROSS GENEのTAKUYAが契約満了に伴い脱退! 残る4人でチームは継続

CROSS GENEのタクヤが日本人メンバー、TAKUYAがグループを脱退することが10日、CROSS GENEの日本オフィシャルサイトで発表された。

同サイトにはこの日、「CROSS GENEを応援して下さっているファンの皆様へ」というタイトルの文が掲載された。CROSS GENEとスタッフ一同の名前で、「このたび、CROSS GENEのメンバーTAKUYAが、2018年12月10日付けでCROSS GENEを卒業することになりました」と報告。「日ごろから応援して下さっているファンの皆様には急なお知らせとなってしまって大変申し訳ありません」と謝罪した。そして、「練習生時代から含めると約7年間CROSS GENEのメンバーとして活動を共にしてきましたが、契約終了に伴い、別々の道を歩んでいくことになりました」と脱退の理由を明かした。

今後は残る4人のメンバー、SHIN WONHO、KIM YONGSEOK、KIM SANGMIN、LEE SEYOUNGの4人で活動を継続するといい、「来年からはより一層、個人活動のみならずCROSS GENEとしての活動も活発に準備していく予定ですので、新たな姿で頑張っていくCROSS GENEメンバー達にこれからも大きな応援と愛をお願い致します。また、新しいスタートを準備しているTAKUYAのことも温かく見守って頂けましたら幸いです」と呼びかけた。

また、TAKUYAを除く4人のメンバーの連名で「いつも応援してくれているファンのみんなへ」と題するメッセージも掲載された。

まずは、「いつも僕たちのことを応援してくれて、本当にありがとうございます。今回、このような形でみんなに突然残念なお知らせをすることになってしまって、本当にごめんなさい」と謝罪から始まり、「正直、僕たち全員が、いつまで続けられるかわからない不安を抱えながら今日まで頑張ってきたような気がします」と正直な心情を明かした。その上で「それでも僕たちを奮い立たせてくれたのはみんなのあたたかい応援でした。だから応援してくれるファンのみんながいる限り、僕たちはCROSS GENEを終わらせたくありません」とチームに対する愛情を吐露した。

そして、「練習生時代から約7年間CROSS GENEのメンバーとして一緒にやってきたTAKUYAと別々の道を歩いていくことになったのは本当に残念なことだけど、新しい道に進むTAKUYAのことを応援していきたいと思っています」とエールを送るとともに「これから僕たちCROSS GENEは4人での活動をしていきますが、これからもっと頑張ってみんなと一緒に新しい未来をつくっていきたいと強く思っています」と新たな決意を表明。「2019年なるべく早くみんなの笑顔に会える場所を準備するので、もう少し待っていてくださいね。そして、これからもCROSS GENEを見守ってくれたらうれしいです」と要望した。

TAKUYAのコメントは掲載されていない。

CROSS GENEは、韓国・日本・中国による3カ国のアジアユニットとして2012年6月に韓国でデビュー。2017年8月31日にキャスパーが脱退し、5人組グループとして活動してきた。

関連記事一覧