「母親の受賞は見ていない」ソン・テヨン、特別待遇疑惑を謝罪も嘘の釈明で怒りを誘発

女優ソン·テヨン側が息子の特別待遇論争について謝罪したが、ウソの釈明でさらなる大衆の怒りを買っている。

今月1日にソウル・高尺(コチョク)スカイドームで開催された「2018 MelOn Music Award」の授賞式では、他の歌手の舞台を観覧する席に子ども2人が並んで座っている姿が映った。現場にいたファンたちをいぶかしがらせた子供たちの正体は翌日、ソン·テヨンのInstagramを通じて明らかになった。ソン·テヨンの息子と甥だったのだ。

ソン·テヨンは自分のInstagramに「良い思い出になってほしい。この子たちよ」という文とともに、自分の息子と甥がiKONと一緒に撮った写真をアップした。

招待席でもない歌手だけが座ることができる席にソン·テヨンの息子と甥が座って公演を観覧したことが伝わると特別待遇論争が沸き起こった。

結局、ソン·テヨンは書き込みを削除し、所属事務所も釈明に乗り出した。所属事務所側は「息子がソン・テヨンが授賞する姿を見たいといい、授賞式の関係者が案内してくれた席だった」とし、歌手席だったとは知らなかったと明らかにした。続けて「授賞する前に入って授賞する姿だけを見てすぐ出てきた」と釈明した。

また、子どもたちの保護者と推定されるある女性が子どもたちを連れて退場する途中、使ったブランケットをBLACKPINKに渡す場面についても説明した。所属事務所側は「ブランケットを渡した人は保護者ではなく現場作家」とし、「当時、作家が子どもたちを歌手席に案内し、ブランケットもBLACKPINKのメンバーが失くしたものを探してほしいと要請され渡したもの」と伝えた。

ソン·テヨン側は論争について謝罪し「短い瞬間だったとしても歌手の皆さんに申し訳ない気持ち」と明らかにした。

だが、ソン·テヨン側の釈明と謝罪にも論争は止まらない。現場にいたファンたちは「ソン・テヨンの息子と甥が、いざソン・テヨンが受賞する時は席にいなかったし、防弾少年団とWanna Oneなどの舞台は、歌手席に座って観覧した」と主張した。ソン·テヨン側の「受賞する姿だけを見てすぐ出てきた」という釈明とは全く異なる状況だった。

今となっては息子の特別待遇論争よりもソン・テヨン側の嘘の釈明が、さらに大衆の怒りを誘発している状況になった。しかし,ソン·テヨン側は、これに対しては特に説明をしていない。

関連記事一覧