ソン・テヨン、息子の”特別待遇論争”で謝罪も非難世論は止まらず

女優ソン·テヨンが「2018 MelOn Music Award」での息子特別待遇問題について公式謝罪したが、世論の非難は簡単には収まらない状況だ。

ソン·テヨンは1日、ソウル・高尺(コチョク)スカイドームで行われた「2018 MelOn Music Award」に授賞者として出席した。この時、息子が客席ではなく、歌手席に座って授賞式を観覧する姿が映った。その後、現場にいた観客たちによって2日、この事実が伝えられ、ソン·テヨンの息子に対する「特別待遇論争」に拡大した。

これと関連して所属事務所H8関係者は2日、TVDailyの取材に「特別待遇は誤解だ」と反論。「現場の進行スタッフに案内された席だった。ソン·テヨンが表彰する姿だけを見てすぐに席を立ったので、大きな問題が生ずるとは思わなかった」と説明した。

さらに、現場でこの光景を見守っていた観客の不快感を察知できなかった点を謝罪し、「最初からその席に座ってはいけないことが分かっていたら、子供を連れて来なかっただろう。このような状況に直面することになりびっくりした。このようなことが起きないように気をつける」と繰り返し謝罪した。

この議論が広がる前、ソン・テヨンはInstagramに息子と一緒に訪れた「2018 MelOn Music Award」の現場で撮った写真をアップして注目を集めた。その後、息子の特別待遇論争に巻き込まれると写真を削除した。

公式的に謝罪の立場を明らかにした後も、ソン·テヨンのInstagramには彼女の軽率な行動を指摘するネットユーザーらの反応が止むことはなく、拡大している。

関連記事一覧