CHI-CHI出身ソン・ジョンエ、MAMAMOO所属事務所のファン・ソンジン理事と結婚!

ガールズグループCHI-CHI出身のソン·ジョンエ(27)が18歳年上の作詞家兼プロデューサーのファン·ソンジン理事(45)と結婚する。聯合ニュースが30日、報じた。

報道によると、音楽関係者の話として2人は12月9日、ソウル・江南のウェディングホールで8カ月の交際の末に挙式する。

ファン·ソンジン理事は聯合ニュースの電話インタビューに、10年前から親しくしていたことを明かし、「CHI-CHIの事務所に練習生として入れるようにとりなした縁があり、CHI-CHIを辞めた後も放送関連の仕事を助言しながら付き合っていた。そうするうちに今年4月から真剣に交際し始めた」と明かした。

また、「年齢は若いが、さっくばらんで現実的に考える価値観が素晴らしく、真剣に結婚を考えるようになった」と愛情を示し、ソン·ジョンエも「信頼が強く感じられた。結婚式を行った後、モデルと放送の仕事を一緒にしようと思う」と話した。

結婚式では作曲家のキム・ドフンとイ・サンホらがメンバーのバンドが演奏を担当し、ファン·ソンジンが自ら、イ・スンギに提供した「結婚してくれる?」を祝歌として歌う予定だ。

ファン·ソンジンはGummyの「友達にでもなればよかった」、イ·スンギの「結婚してくれる?」、Monday Kidzの「Bye Bye Bye」などヒット曲の歌詞を手掛け、MAMAMOOの「Sting」、ファン·チヨルの「Mellow」を作詞·作曲した。現在、MAMAMOOの所属事務所RBWの理事として在職している。

ソン・ジョンエは2011年、ガールズグループCHI-CHIのメンバーとしてデビューし、ピーチという芸名で活動した。2013年に脱退したソン・ジョンエは2016年にミスコリア地域予選で友情賞を受賞し、「2016ミスインターコンチネンタル大邱・慶北・重慶大会」で3位になった経歴がある。

関連記事一覧