SUPERNOVAユナク、「久しぶりに韓国で活動…うれしい」 ドラマ「運命と怒り」出演

SUPERNOVAのユナクが30日午後、ソウル・木洞(モクトン)のSBSホールでSBSの新週末ドラマ「運命と怒り」の製作発表に出席した。

カン·ウィゴン役を演じるユナクは「本当に久しぶりに韓国で活動するようになってうれしいです。とても緊張しています」と切り出し、「私がOrange Caramelのファンだったので、スアさん(元AFTERSCHOOLのリジ)とラブラインを描くことができて幸せですし、イ·ミンジョンお姉さん、ソ·イヒョンお姉さん、チュ·サンウクお兄さん、イ·ギウお兄さんを見ることも幸せです」とジョーク交じりに語った。

そして、韓国のファンを思い浮かべながら「何人ぐらい残っているか分かりませんが、もっと一生懸命に頑張ります」と誓った。

関連記事一覧