パン・ミンジョン、MBC「あなたが信じていたフェイク」でチョ・ドクジェから受けた性的暴行映像を公開

女優パン・ミンジョン(38)がMBCの教養番組「あなたが信じていたフェイク」を通して、俳優チョ・ドクジェ(50)から受けたとする性的暴行の実際の映像を電撃公開した。

27日に放送された「あなたが信じていたフェイク」では、「チョ・ドクジェ事件」を扱った。これを前にチョ・ドクジェは自身のYouTubeチャンネルを通してパン・ミンジョンが性的暴行を受けたと主張する映像を公開し、潔白を訴えたものの、これは事件映像ではなく事件直後のものだった。

パン・ミンジョンは2015年4月、映画撮影中にチョ・ドクジェが同意なしに下着を破り、上・下半身に触ったなどとして強制わいせつの疑いで告訴した。最高裁はチョ・ドクジェの強制わいせつ罪をすべて認定。2審高裁で言い渡された懲役1年、執行猶予2年、40時間の性暴力治療プログラムの履修が確定した。チョ・ドクジェは変わらず悔しさを吐露しており、パン・ミンジョンは被害者だが大衆から冷たい視線を浴びている。

パン・ミンジョンは、制作陣とのインタビューで、「わたしが受けたあの事件が毎日のようにわたしを苦しめた。毎日のように悪夢を見た。これ以上の最悪はないと考えたが、毎日毎日、奈落の底へ突き落とされる気分だ」と苦痛を吐露した。

続けて「皆さんが誤解している部分がある。本映像は別にあるが、(チョ・ドクジェは)別の映像を公開し嘘をついている。性的暴行の前と後のシーンを掲載し、わたしの息の根を止めている」とし、「事故場面を公開したどうなるだろう? 不安で苦痛だ。映画と思って見ることもできるが、これは実際にわたしが受けた場面だったので、わたし自身にとってはあまりにも恐ろしい」と打ち明けた。

パン・ミンジョンは悩んだ末に、チョ・ドクジェが自身に対して性的暴行うする映像を公開した。それはチョ・ドクジェが公開した映像とはまったく違った。該当映像はチョ・ドクジェとパン・ミンジョンの上半身のみが映し出されていた。

パン・ミンジョンは「監督の指示によると、上半身のみ映るため下半身はカメラに映らない。振りだけするよう言われたが、チョ・ドクジェはまったく違い、実際の事件映像を見ると、わたしは自身の身体部位を隠し、カメラの反対方向に逃げている。服がすべて裂けた状態で、わたしの顔はまったく見えなくなり、カメラとは反対方向に逃げ続けている。体が萎縮し、これが早く終わればいい、早くこの場から去りたいと思い、こうした状態となった」と話しながら涙を流した。

パン・ミンジョンは映像分析も依頼し、この行為は実際に性的羞恥心を誘発する可能性があるとの判定結果を受けた。

関連記事一覧