チョン・イルが社会服務要員としての服務を終え除隊! ファンに笑顔であいさつ

俳優チョン・イルが30日午後、ソウル・瑞草(ソチョ)区立老人療養センターで、約2年間の代替服務を終えて除隊した。

現場には韓国をはじめ日本、中国から多くのファンが駆けつけ、チョン・イルは笑顔であいさつした。

チョン・イルは2016年12月、忠清南道論山(チュンチョンナムドノンサン)市の論山陸軍訓練所に入所した。2006年の交通事故で手首や骨盤などを大きく負傷し、社会服務要員の判定を受けた。また、入隊直前の2016年11月には脳動脈瘤と診断された。再検査を要請すれば軍隊が免除される可能性もあったが、再検査を要請せず、社会服務要員として国防の義務を果たした。

除隊後は復帰作として、クォン・ユル、コ・アラとともに来年放送されるSBS新ドラマ「獬豸(カイチ)」への出演を確定させた。