KBS「ミュージックバンク」側、「IZ*ONE出演規制、任意で判断する問題ではない」

「ミュージックバンク」側がグループIZ*ONE出演禁止請願に関連した立場を伝えた。

KBS 2TVの音楽番組「ミュージックバンク」側は22日、KBS視聴者権益センターに掲載された「右翼プロデューサーがプロデュースし、右翼メンバーがいるグループIZ*ONEの出演禁止を要請します」と題する文章に答弁した。

Mnetの「PRODUCE48」から誕生したIZ*ONEは、デビューと同時に「国益問題」に巻き込まれた。日本人メンバーの一人がAKB48で活動していた当時、靖国神社で旭日旗が描かれた衣装を着て君が代を斉唱している写真が拡散して始まったのだ。

これに接した大衆はKBSを含む多数の放送局にIZ*ONEの出演禁止を要請し、さらに関連した請願が大統領府の国民請願掲示板に掲載された。

これに対して「ミュージックバンク」側は、「IZ*ONEの場合、審議機構を通じて出演自制または規制に関する指針が伝わったことがなく、放送音源の場合、すべての歌詞が日本語で作成された『好きになっちゃうだろう?』を除いたすべての音源の審議が『放送適格』という意見で通過した状況」とし、現在、当該グループを含むミュージックバンクのすべての出演者は審議機構が設定した『放送規制者リスト』に入っていません」とした。

また「音源と出演者に対する明確な規制根拠と指針がない状態で個別番組の制作陣が任意に判断して特定出演者の出演を規制することは適切ではないと思います」と述べ、事実上IZ*ONEの出演禁止要請に線を引いた。

ただし、今後国民感情に反する右翼活動に関する決定的証拠など明確な出演規制の事由発生時、審議機構の規制および制限措置が決定される場合については「忠実に従う」という立場を付け加えた。

関連記事一覧