SE7EN、岡山でファンミを開催し、西日本豪雨におる被災からの復興を支援!

歌手SE7EN(セブン)が3日、岡山シンフォニーホールでファンミーティングを開催した。

7月の西日本豪雨で被災した岡山県への復興応援のために企画したもので、日本でも歌やミュージカルで活躍し、多くのファンに支持されているSE7ENの「日本に恩返しをしたい」「日本の力になりたい」との熱い思いから実現に至ったもので、全国各地から熱心なファン約500人が集結して大盛況となった。

SE7ENはイベント前日に韓国から来日し、地ビールなどを醸造・販売する「酒工房 独歩館」、日本三名園のひとつ「後楽園」、倉敷美観地区の銘菓“むらすゞめ”を販売する老舗「橘香堂」、瀬戸内海と瀬戸大橋の絶景を望む「鷲羽山第二展望台」を訪れ、観光PR動画を撮影。イベントでファンに披露し、「岡山には美味しいものや美しい観光名所がたくさんあります。ぜひ皆さんもまた遊びに来てください!」と熱烈にアピールした。歌とトークでもファンを楽しませた。さらにクイズ大会で勝ち残ったファンには、それぞれの名所で購入したお土産などを手渡しでプレゼントし、歓喜させた。

また、ファンら参加者を代表してSE7ENが伊原木隆太・岡山県知事に義捐金を贈呈。伊原木知事は「(イベントの開催地として)岡山を選んでいただき、また県外から多くの皆さまにお越しいただき、本当にありがとうございます。昨日、SE7ENさんが観光された場所を巡っていただき、ぜひ岡山を楽しんで帰ってください」とあいさつした。ステージでは、おかやま観光キャラバン隊による観光PRも行われ、SE7ENもキャラバン隊と一緒にPRに努めていた。なお、会場では岡山の物産販売も行われ、収益の一部を寄付した。

関連記事一覧