SUPERNOVA、“ホスト”になってファンをおもてなし! デビュー周年イベント「★博9」初日開催

ダンス&ボーカルグループSUPERNOVAが9日、東京・両国国技館で、デビュー周年イベント「★博9」の初日を開催し、約4000人のファンに楽しいひと時をプレゼントした。

今年「超新星」から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chapter Ⅱ」がオリコンデイリーチャート1位(11月5日付)を記録するなど順風満帆に新たなスタートを切ったSUPERNOVA。超新星時代の2010年から毎年開催されてきた「超新星★博」も今年で9回目を迎え、グループ改名にあわせてイベント名も「★博」(ほしはく)と変更。しかも今年は、初の2日間開催となった。

「『Day1~Milky~』」CLUB SUPERNOVA」と題してファンクラブ「Milky」の会員限定で開催した初日のテーマは、“ホストクラブ”。白いスーツに身を包み、メンバーがひとりずつ甘い表情を客席に投げかけながら登場し、ソンジェが「Milkyのみなさん、クラブSUPERNOVAにようこそ」と、この日だけしか聞くことができない特別バージョンであいさつをすると、会場は大きな歓声に包まれた。

“新人ホスト”になりきってMilkにアピールするメンバーたちは、「ホスト格付けチェック」で2種類の水を飲み比べて”どちらが高級か”を当てたり、「スパノバホスト物語」と題して、お題の紙が入ったボックスからメンバーが1枚ずつ引いた結果決まったストーリーを演じた。ストーリーで指名されたジヒョク、ゴニルらはステージから客席に降りてミッションを遂行し、場内は大盛り上がり。この対決で見事NO.1ホストに輝いたソンジェは、最後に抽選で選ばれたMilkyに一輪のバラをプレゼントした。対決を終えてグァンスは「久しぶりの★博なので、こうやってMilkyのみんなに会えて幸せだなと改めて思いました」とファンへの思いを述べた。

告知コーナーでは、タイでの撮り下ろしを中心に2018年の活動をまとめた「SUPERNOVA ARTIST BOOK 2018」を12月22日に発売することや、グァンスがミュージカル「ふたり阿国」(来年3~4月、東京・明治座)、ソンジェが初の日本の舞台「私のホストちゃん THE PREMIUM」(来年2~3月、東京・オルタナティブシアター、名古屋・ウインクあいち、大阪・松下IMPホール)に出演することなどを発表し、会場を沸かせた。また、12月22日に「SUPERNOVA X’mas LIVE」(東京・新木場STUDIO COAST)&12月に追加リリースイベント開催(12月21日、阪急西宮ガーデンズ、同22日、新木場STUDIO COAST)、そしてユナクのミュージカル「プリシラ」(来年3月、東京・日生劇場)出演、グァンスの舞台『DEVIL MAY CRY-THE LIVE HACKER-」(来年3月、東京・Zepp DiverCity)出演、主演映画「TOKYO24」がモナコ国際映画祭のコンペティション部門の正式招待作品に選出されたことなど、今後の予定を続々発表した。

イベント後半のライブは、最新曲「Chapter Ⅱ」からスタート。ダンス曲、バラード曲と緩急つけた展開で客席を魅了し、ゴニルが「ちょっとサウナに行ってきました」と言うほど、メンバーは汗だくになりながら熱いライブを展開した。最後はユナクが「一緒に歌いましょう」と「ALL ABOUT YOU」を披露。メンバー5人とペンライトが左右に揺れる会場とがひとつになって、あたたかい空間を作り上げた。

10日に開催される「★博9」2日目は、「『DAY2~SUPERNOVA~」SUPERNOVA BATTLEMATCHと銘打ってテーマを変え、さらに白熱したメンバー同士の対決とライブを繰り広げる。

★ライブセットリスト
M1-ChapterⅡ   
M2-明日への詩   
M3-Stupid Love
M4-Shining☆Star
M5-WINNER
M6-ALL ABOUT U

関連記事一覧