キム・ミニとの結婚のために…ホン・サンス監督、離婚訴訟を決意

ホン・サンス監督が妻Aさんを相手に離婚訴訟を起こすことが23日、明らかになった。

スポーツワールドは、ホン・サンス監督の側近の言葉を借りて、「ホン・サンス監督が離婚調停が不成立となった後、Aさんを相手に離婚訴訟を起こすことを決意した」などと報道した。

ホン・サンス監督は2016年11月に裁判所にAさんとの離婚調停を申請した。だが、Aさん、ホン・サンス監督側が7回送った訴訟送達をすべて受け取らず、家庭を守るという立場を固守した。結局、今月18日、夫妻の離婚調停は不成立となった。これを受けてホン・サンス監督は直ちに離婚訴訟に踏み切る決意をしたという。

離婚訴訟を決意した理由は恋人の女優キム・ミニのためだ。側近はホン・サンス監督がキム・ミニと結婚まで考えているため離婚は不可避であり、彼女のためにも、世間の非難を乗り越えて離婚する考えを固めたという。

ホン・サンス監督とキム・ミニは2015年、映画「Right Now,Wrong Then」をきっかけに不倫関係に発展。昨年3月、映画「夜の海辺で一人」の国内マスコミ試写会で恋人関係にあることを公式に認めた。