• HOME
  • ニュース
  • トラブル
  • イ・ジョンソク、インドネシアで抑留! プロモーターが公演収益金を過少申告したとばっちり

イ・ジョンソク、インドネシアで抑留! プロモーターが公演収益金を過少申告したとばっちり

俳優イ・ジョンソクがインドネシア・ジャカルタでのファンミーティング後、現地で抑留されていることが5日、明らかになった。

イ・ジョンソクはこの日午後、Instagramに「ファンミーティングは幸いに無事に終えました。感謝しています。しかし、ジャカルタで僕のすべてのスタッフたちと一緒に抑留されている状況です。昨日から抑留されているようですが」と綴った。続けて、「ジャカルタの現地プロモーターであるYES24が、本人たちの公演収益金を当局の税務署に縮小して申告し、それによってまったく関係がない僕とスタッフたちのパスポートを持って行って、返さない状況です」と抑留された理由を明かした。

そして、「YES24とそのエージェンシーであるThe Cre8tive Lab.、ユメモトは早く解決してほしいです。このようなケースは初めてなので、どうすればいいのか分からないです。お母さん、僕は今日遅れるつもりです」と困惑した心境を伝えた。

当初の予定では4日にインドネシアを出国する予定だったが、再びホテルに戻っている。関係者が問題解決のために奔走しているという。

イ・ジョンソクが帰国できない状況に陥っていることから、スタートしたばかりのドラマ「ロマンスは別冊付録」の撮影スケジュールの調整に追われている。関係者は「イ・ジョンソクが自分のせいでドラマ撮影のスケジュールに盈虚うを及ぼしさないか心配している。Instagramにも早急な解決を望む気持ちで作成したようだ」と代弁した。

関連記事一覧