キョン・ミリの夫、株価操作の疑いで実刑判決! 懲役4年、罰金2億5000万円

女優キョン・ミリの夫イ某氏が、株価操作を通じて巨額の不当利得を得た疑いの裁判で、実刑を言い渡された。

ソウル南部地方裁判所刑事合意12部(部長判事:シム・ヒョンソプ)は2日、資本市場と金融投資業に関する法律違反の疑いで拘束起訴されたKOSDAQ上場会社A社の元理事であるイ某氏に、懲役4年・罰金25億ウォン(約2億5000万円)を言い渡した。

また、イ某氏と犯行を共謀したとしてA社元代表のキム某氏には懲役3年、罰金12億ウォンが言い渡された。証券放送人のチョン某氏は懲役2年6カ月と罰金12億ウォンを、別の証券放送人キム某氏は懲役2年執行猶予3年を言い渡された。

イ某氏らは、2014年10月から2016年2月まで、有償増資を通じて得られた新株を高値で売却する目的で、KOSDAQに上場されたA社の株価を操作した疑いを受けている。

彼らはキョン・ミリの資金がA社に投資され、多額の中国資本が流入されるように公示し、会社の財務の健全性が好転するかのように騙した。さらにチョン某氏は彼らと共謀してA社の有償増資に投資者を集め、金某氏は虚偽情報を流してA社の株式買収を推薦した。このような手法で彼らは、約23億7000万ウォ相当の不当な利得を得たことが明らかになった。

裁判所は判決理由について「イ某氏は、キョン・ミリが実際に有償増資に参加しないにもかかわらず、キョン・ミリの名義で有償増資に参加したり、投資家を募集するなど犯行全般を企画・実行するなど、この事件で中核的な役割を担っていた。また株価操作で15億ウォンを超える利益を得ており、同種の前科が2度ある」などと述べた。量刑については「被告人が誤った行動について反省しているなど多くの事情を総合した」としている。

関連記事一覧