The East Light. イ・ソクチョル&イ・スンヒョンの父、暴行&暴言のPDへの告訴状を22日提出

暴行騒動の渦中にあるボーイズバンド、The East Light.のイ・ソクチョル・イ・スンヒョンの父親が22日、加害者のムン・ヨンイルプロデューサーを相手取り刑事告訴する。

イ・ソクチョル、イ・スンヒョン兄弟の法律代理を務めている法務法人ナムガンは22日午前、「The East Light.のメンバーの暴行事件と関連し、イ・ソクチョル、イ・スンヒョンの代理人はこの日、ソウル地方警察庁に加害者であるムン・ヨンイルプロデューサーらを相手取って告訴状を提出する」と伝え、「告訴状は告訴人たちの法廷代理人である父親が直接提出し、チョン・ジソク弁護士が一緒に行く予定だ」とつけ加えた。

The East Light.をめぐっては18日に所属事務所Media Lineエンターテインメント所属のプロデューサーからメンバーたちが暴行を受けたという事実が明らかになった。特にメンバー全員が未成年者という点で大きな波紋を呼んだ。メンバーのイ・ソクチョルは19日に会見を開き、ムン・ヨンイルプロデューサーから常習的に暴言や暴行を受けた事実と、キム・チャンファン会長の暴言と児童虐待をほう助した事実を暴露した。