• HOME
  • ニュース
  • 事件
  • 警察、元KARAク・ハラの元恋人に逮捕状請求! 脅迫・傷害・強要などの容疑で

警察、元KARAク・ハラの元恋人に逮捕状請求! 脅迫・傷害・強要などの容疑で

警察が人気ガールズグループKARAの元メンバーで歌手兼女優ク・ハラ(27)の元恋人でヘアデザイナー、チェ・ジョンボム氏(27)に対し、逮捕状を申請した。脅迫、傷害、強要などの疑いで警察が19日に申請し、ソウル中央地検がこの日、裁判所に請求したという。

ソウル・江南(カンナム)警察署は22日、「チェ氏に対して19日に脅迫・傷害・強要などの疑いで逮捕状を申請し、ソウル中央地検は22日令状を裁判所に請求した」と明らかにした。

恋人関係にあった2人は先月13日、チェ・ジョンボム氏がク・ハラから暴行を受けたと警察に通報。一方的な暴行と主張するチェ・ジョンボム氏に対し、ク・ハラは双方による暴行と主張するなど食い違いを見せていた。その後、チェ・ジョンボム氏は2人のセックス動画をク・ハラに送り、脅迫した疑いがもたれている。

同事件は当初、2人の暴行をめぐるものだったが、ク・ハラ側が先月27日、チェ・ジョンボム氏を強要·脅迫·性暴力処罰法などの容疑で追加告訴し、”リベンジポルノ”事件に拡大した。

これを受けて警察は今月2日、チェ・ジョンボム氏の自宅・車・職場などを家宅捜索し、携帯電話、USBなどを押収して、ソウル警察庁サイバー捜査隊にデジタル・フォンレンジック(犯罪行為などの発生に際して、コンピュータや外部記録媒体などに残された電子的記録を解析して、その事件に関わる証拠を抽出・収集・解析する技術)を依頼する一方、17日には江南警察署で対質尋問を受けた。

複数の状況証拠などを総合した結果、警察はチェ・ジョンボム氏がク・ハラを殴った程度は単なる暴行ではなく傷害罪に相当するとし、また映像を送ったり、土下座させるなどの行為は脅迫および強要罪の構成要件に十分だ判断し、逮捕令状を申請した。ただ映像を流出させた形跡はないと判断し、逮捕状に性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反は含めなかった。

逮捕状発付の是非をめぐる令状審査の日程は決まっていないが、早ければ24日にソウル中央地裁で開かれる見通しだ。

関連記事一覧