MAMAMOO、日本デビューシングル「Décalcomanie –Japanese ver.-」発売イベントを開催

MAMAMOOが日本デビューシングル「Decalcomanie-Japanese ver.」を発売した3日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で発売記念イベントを開催し大盛況となった。

前日には前夜祭イベントがLINE LIVEで中継され、全国のファンがMAMAMOOの日本上陸とデビュー前夜を祝福。その余韻が覚めない中、ジャケットと同じ真っ白な衣装でステージにソラ、フィイン、ムンビョル、ファサの4人がステージに現れるとステージを取り囲んだ1500人のファンは大歓声で出迎えた。

さっそく日本デビュー曲を披露。韓国では代表曲でもあるパワーナンバーを、軽やかかつ優雅なステップを踏みつつも、歌自体はパワフルにキレイな日本語をソウルフルに聴かせ、聴衆の興奮を煽っていた。

日本のファンに会えてどうですか?とMCに聞かれたソラは「こんなに大勢の方にお集まり頂いて本当にうれしい! 日本に滞在している間、日本のファンの皆さんと楽しい時間を過ごしていきたいです!」と感動の面持ち。好きな日本語を問われたムンビョルは、「ムム(MAMAMOOファンの呼び名)だけを思っている」と答え、大きな歓声を受けた。また、遂に日本デビューした気持ちを聞かれると「とても緊張していますし、それと同時にわくわくしているんですけど、日本のファンの方がたくさんの関心を寄せてくれているおかげで楽しく活動していけそうです!」と笑顔を見せた。

この日はトークもたっぷり行い、最後にファサは「日本でデビューする機会を与えられて光栄に思います! 私たちMAMAMOOの音楽を日本のファンの皆さんに楽しんで頂けるか心配を抱きながら来たんですけど、私たちの心配とは反対に多くの皆さんから激励と声援を送って頂き、とてもうれしく思っていますし、頼もしいと思っています! これからも一生懸命頑張っていきます!」と意気込んだ。フィインも「日本で正式にデビューできてうれしいです。私たちが日本に来るたびに皆さんが温かく迎えてくれて感謝しています。日本で活動しながら皆さんと素敵な思い出を作っていきたいです」と言葉に力を込めた。ムンビョルは「お時間を割いて会いに来てくれてありがとう。素敵な夜になることを祈っています!」とあいさつし、最後に一言、日本語でソラが「皆さん私たちをたくさん愛して下さい~!」と締めくくった。

そして、シングルにカップリング収録されている日本オンリーの新曲「You Don’t Know Me」をキャッチ―に披露し、パフォーマンスを終えあ。その後、初のハイタッチ会を行い、慣れないながらも楽しげにファンとの交流を楽しんでいた。

10月6日には大阪のあべのキューズモールでも発売記念イベントを行う。

最新情報をチェックしよう!