韓国旅行に行くならWi-Fiルーターは必携!

2018-10-06



韓国に行く時、みなさんはWi-Fiをレンタルしていきますか?

「2泊3日の短い旅行だから大丈夫!」「韓国は無料Wi-Fiがあっちこっちにあるから」などといって持っていかない人も多いのでは?

結論から言えば、Wi-Fiルーターを持っていかないと後悔することになります

確かに仁川空港や金浦空港、街中のカフェ、ホテルなどにいるときは、それなりに安定したネット利用ができますが、バスや電車に乗って移動しているときは、決してそうではありません。しょっちゅう途切れます。カフェなどでも他人と共有しているので接続が不安定になります。また、手軽に使える半面、不正アクセスによりウィルス感染や個人情報を盗まれるリスクもあります。

いまの時代スマホで動画を見たりゲームをしたりする人は多いでしょう。動画やゲームが習慣になっている人は、海外に行っても、やめられません。かくいう自分もそんな一人です。バスや地下鉄で移動中にも遊んでいます(笑)。もちろんニュースをチェックしたりすることも多いです。海外ではお目当てのショップやレストランなどへの行き方を検索したりためにネットを使うことも多くなります。いざというときに接続できなかったり、接続してもなかなか画面が動かず、イライラするなんてイヤですよね。

私はドコモ利用者で最初の頃は「海外1day開始」というアプリを使っていました。

ご契約中の国内パケットパックの容量が、対象の国・地域で、24時間980円定額で使える海外パケット定額サービスです。

24時間980円という安さに惹かれて利用したこともあるのですが、はっきりいって使えません

実は利用データ量が30MBを超えると、通信速度が最大16kbpsに制限されます。この速度というのは、はっきりいってイライラするだけで、まったく使い物にならないスピードです。検索してもなかなか画面が動きません。

じゃぁ、30MBってどのくらいで到達すると思いますか?

私はソウルに行くときは、仁川国際空港を利用して、バスでソウル・三成洞(サムソンドン)のCOEXの横にある都心空港ターミナルに直行で行くことが多いのですが、到着までの約1時間40分の間に当然のことながら車内でゲームをやったり、その日泊まる予定のホテルの位置を確認のために検索したりします。

ですが、困ったことに、あっという間に使えなくなってしまいます。

上記写真は6月27日午後9時40分に受付を開始したという確認メールが到着した時のものです。

ところが!!!

午後10時2分に10MBを超え、10時7分に20MBを超え、10時19分に30MBを超えたため、スピード制限がかかってしまいました。

つまり、利用開始から39分で使いものにならなくなってしまったわけです。結局、現地でLGとかの有料Wi-Fiをクレジットカードで購入したりすることになってしまいました。

こんな経験から、最近は必ずWi-Fiルーターを持っていくようになりました。

常にルーターを持ち運ぶ必要になりますが、カバンに入る小さなものですので、さほど邪魔になりません。

ぜひぜひ、韓国旅行のお供として利用してみてください。

ご利用はコチラ → ≪韓国WiFi≫

韓国旅行の手配はコチラ →