KARA出身ク・ハラ側、元恋人を脅迫などの容疑で告訴「迅速かつ徹底した捜査が行われることを願う」

KARA出身の歌手兼女優ク・ハラがの法律代理人を務める法務法人世宗(セジョン)は4日、「依頼人は2018.9.27.元恋人のチェ氏を性暴行犯罪の処罰等に関する特例法違反、脅迫及び強要の容疑で告訴しました」との立場を明らかにした。

また、「チェ氏の犯罪行為について、迅速かつ徹底した捜査が行われることを願います」と付け加えた。

この日芸能メディアDispatchは、ク・ハラとカカオトークのやりとりを公開し、同じ年のヘアデザイナーである元恋人のチェ氏から性行為を撮影した動画で脅迫されたことを明かした。ハラは動画の流出を防ぐために、跪いて哀願し、その姿を捉えたCCTV映像も公開した。

チェ氏ととク・ハラは、暴行の疑いでそれぞれ、先月17日と18日、警察に出頭し、取り調べを受けた。チェ氏側は「一方的に暴行を受けた」と主張した。ク・ハラは、「双方による暴行」を主張した。