ファンに暴力のWanna Oneマネジャー、騒動後も同行にファンの怒りが爆発

2018-10-03

空港で女性ファンを思い切り突き飛ばすなどの暴力を振るい物議を醸したアイドルグループWanna Oneのマネージャーが、その後もWanna Oneに同行しており、ファンたちの怒りが爆発寸前となっている。

問題のマネジャーは9月28日、「KCON 2018 THAILAND」に参加するため仁川国際空港に到着したWanna Oneを見るために集まったファンらがひしめく状況で、ある女性ファンに暴言を吐いた上、両手で思い切り突き飛ばし、転倒させた。打ちどころによっては大けがをしかねないほど酷いものだった。

その様子がSNSやインターネットコミュニティーを通じて一気に広がり、すさまじい非難が起こっると、所属事務所側は29日、Wanna Oneの公式SNSに「「該当人物は会社所属のマネージャー」と認めた上で、「過剰に対応した部分について深く反省しており、これによる懲戒処分も受けることになる」と伝えた。

ところが、このマネジャーは9月30日にWanna Oneが帰国した際もそばでガードしていた。SNSで公開された映像には、以前ほどではないが、メンバーたちを撮影するファンを押す場面が映っており、カン・ダニエルはマネージャーの肩を叩きながら注意を与えた。

これにファンたちはさらに怒りを募らせている。「口先だけの反省だったのでは?」「所属事務所で注意するといって何の対応措置も取らなかったことは一度や二度ではない」「真正性がない」などと反発している。また、マネジャーによるファンへの暴行は今回だけではないと指摘し、 昨年11月には子どもを抱いた女性を押したこともあり、所属事務所に十分な対応を要求している。