2PMテギョン、”模範兵”として「国軍の日」記念行事に参加! 「残りの軍生活も最善を尽くす」

現在、軍服務中の2PMテギョンが、70周年「国軍の日」の記念行事に参加し、話題を集めている。

テギョンは1日午後6時30分にソウル・竜山(ヨンサン)戦争記念館・平和の広場で行われた建軍70周年「国軍の日」の記念行事に参加。式典行事に続いて文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主管するメインプログラムである国軍の「未来戦闘遂行体系」の試演に登場した。

「未来戦闘遂行体系」試演は、国軍が戦力化した最新鋭の武器体系と共に、今後近いうちに戦力化する有人・無人複合戦闘体系を紹介するプログラムだ。

行事の関係者によると、「オク・テギョン上等兵は米国の永住権を放棄し、腰のヘルニアで代替服務判定を受けたにもかかわらず、手術と治療の末に現役判定を受け、多くの人たちの手本となり、現在、軍生活も誠実に果たしており、国軍の日の行事に参加することが特別な意味になるよう、積極的に推薦した」と明らかにした。

テギョンも「国家的な行事で助けになりたいという気持ちで、イベントに参加する他の部隊の将兵たちと苦楽を共にしながら一生懸命に練習をした。陸軍が戦力化しようとするウォリアープラットフォームを国民に伝えるのに少しでも力になれたらうれしい。意義深い席に共にできて大きな光栄であり、残りの軍生活も最善を尽くす」と伝えた。

並々ならぬ覚悟を明かしたテギョンは、撮影やパフォーマンスに慣れていない兵士たちをリードしながら、撮影現場や行事会場の雰囲気を明るくしたという。

今年7月に総合エンターテイメント会社51Kと専属契約を結び、歌手兼俳優として新たな跳躍を誓ったテギョンは現在、白馬新兵教育隊の助教として軍服務中で来年6月に除隊する予定。