• HOME
  • ニュース
  • パクリ
  • SBS「彼女はといえば」に盗作疑惑が浮上! 局側は「何の根拠もない主張だ」と真っ向反論

SBS「彼女はといえば」に盗作疑惑が浮上! 局側は「何の根拠もない主張だ」と真っ向反論

ドラマ制作会社DK E&Mが、SBS週末ミニシリーズ「彼女はといえば」に対して盗作疑惑を提起した。

DKE&Mは29日に公式報道資料を出し、「日本のドラマ『美しい人』のリメイクを準備中」として、「『彼女はといえば』は『美しい人』の重要部分を盗用および修正して放送している。法務法人『正しい空』を通して法的手続きを準備中」と発表した。

29日に全40話の放送を終えた「彼女はといえば」(パク・オンヒ脚本、パク・ギョンリョル演出)は、生きるために人生をかけて整形手術を敢行したものの、手術の後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性が、断片的な記憶のパズルを組み合わせていく中で展開していくメロドラマだ。ウンハン(ナム・サンミ)が家庭内暴力を犯していた元夫カン・チャンギ(チョ・ヒョンジェ)から完全に離れ、彼女を救ってくれたハン・ガンウ(キム・ジェウォン)と幸せに暮らす話で幕を閉じた。

同番組についてDK E&M側は「ヒロインが生きるために整形手術を敢行するという点、手術を拒否していた医師がヒロインのすすり泣きに耐えられず手術を許諾する点、医師が自身の特殊関係者と同じ顔にヒロインを整形する点、暗い印象だったヒロインが整形後にはつらつとした性格に変わる点などが、日本のドラマ『美しい人』の重要場面の流れや演出と類似している」と指摘した。

「美しい人」は1999年にTBSで放送された野島伸司脚本のドラマ。DK E&Mは2017年11月からTBSと協議を行い、リメイク版権を正式に購入し、19年上半期の放送を企画しており、「ドラマ『美しい人』の著作権を確保し、法的手続きを準備している段階だ」と述べた。

これに対してSBSは真っ向から反論。「ドラマ制作会社DK E&Mの主張は、著作権法上、何の根拠も無い主張であるだけでなく、議論の価値も無いとんでもない主張だ。パク・オンヒ作家は韓国にいながらも、野島伸司作家の評判と威厳をよく知っているが、日本ドラマ『美しい人』は一度も見たことがない」と主張した。

さらに、「DK E&Mは、著作権法上何の根拠も無い盗作疑惑の提起で、パク・オンヒ作家と製作陣の名誉を毀損した点について、深い遺憾を表する。パク・オンヒ作家と制作陣は、ドラマ制作会社DK E&Mの名誉毀損行為に対して強力な法的対応をする」と立場を伝えた。

関連記事一覧