Wanna Oneのマネジャーがファンに暴言&突き飛ばす! 所属事務所が謝罪…懲戒処分へ

人気グループWanna Oneのマネージャーがファンに対して取った、度を超えた対応ぶりに非難が殺到している。

Wanna Oneは28日、タイ・バンコクで開催されるMnet「KCON2018 THAILAND」の公演に参加するため仁川国際空港に到着。その際、マネジャーがフとみられる女性が、移動中のWanna Oneのメンバーを撮影していたところ、マネジャーの男性が、彼女に対し、口にできないほどの暴言を吐いたばかりか、彼女を両手で思いっきり突き飛ばし、女性は転倒した。

この時の映像がインターネットコミュニティーで拡散され、男性マネジャーの行き過ぎた対応にネットユーザーたちは「マネージャーではなくヤクザのようだ」「暴行罪で通報してください」「あんな風に敢えて行動する必要があるのか分からない」「これはとても深刻だ。解雇しなければ」などと猛烈な批判の声を上げている。

これを受けて所属事務所Swingエンターテインメントは29日、Wanna Oneの公式SNSにネット上で議論になっている動画に関するコメントを発表。「該当人物は会社所属のマネージャー」と認めた上で、「過剰に対応した部分について深く反省しており、これによる懲戒処分も受けることになる」と伝えた。

続いて「いかなる状況でも発生してはならないことが発生し、映像の中のファンの方に誠に申し訳なく、このような良くないことでご心配をおかけしたことについて、すべてのファンの方に深くお詫び申し上げる」と繰り返し謝罪した。