パク・ミソン、飲酒車両に追突される! 大きなけがなく自宅で安静

タレントパク・ミソン(51)が飲酒車両に追突される事故に遭ったことが20日、明らかになった。スポーツ京郷が報じた。

報道によると、パク・ミソンは19日午後11時45分ごろ、自由路・李山砲(イサンポ)ICから大化駅の交差点に入ってくる方向で停車をしていた際、飲酒運転車両に追突されてけがを負った。

目撃者によると事故当時、パク・ミソンは泣きながら助けを訴え、119救急隊によって近くの病院に搬送された。

検査の結果、幸いにも大きな負傷はないことが確認されて、パク・ミソンは同日午前に退院した。現在、舞台「ホームショッピング株式会社」に出演しており退院を決定したという。

所属事務所関係者は、TVDailyの取材に「パク・ミソンが昨日(19日)夜、車で自由路を移動中、飲酒運転車両に追突される事故に遭った。事故直後、救急室で鎮痛剤を投与され、検査した結果、幸いにも骨を痛めるなどといった重症のけがではないと診断された。今日(20日)午前、退院して現在、自宅で安静を取っている」と明らかにした。

所属事務所は舞台や放送スケジュールをこなそうという意志が強く、公演は予定通りに行い、舞台が終わった後、また救急室で診療を受ける形で、スケジュールを調整しているという。

パク・ミソンは1988年MBCギャグコンテストで金賞を受賞しデビューした。2013年MBC放送芸能大賞女性最優秀賞を受賞している。