防弾少年団、各国首脳が集まる国連総会で24日に演説へ

防弾少年団がが全世界の首脳が集結する国連総会の舞台に立つ。

19日(現地時間)、国連消息筋によると、防弾少年団は24日昼、ニューヨーク国連本部信託統治理事会会議場で開かれる国連児童基金(UNICEF・ユニセフ)の青年アジェンダ「ジェネレーションアンリミテッド」(Generation unlimited)行事に参加する予定だ。第73回国連総会が今週開幕し、各国の首脳が国連本部に集まる時、代表的なK-POPグループが招請されたという。 同イベントは10~20代に向けた投資と機会を拡大しようとの趣旨で設けられる一種のパートナーシッププログラムだ。

同日は、アントニオ・グテーレス国連事務総長とユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の夫人の金貞淑(キム・ジョンスク)さんらが参加する。防弾少年団はこの席で3分程度の演説も行う予定だ。

昨年11月にはフィギュアの女王キム・ヨナも国連本部総会場の演壇で平昌五輪成功を祈願し、3分ほど演説したこともある。

防弾少年団は5、6日、8、9日、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターを皮切りにワールドツアーをスタートさせている。10月6日にはMLBニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドで公演を開催する。同スタジアムでは、ポール・マッカートニー、レディー・ガガ、ビヨンセ、JAY-Zが公演を行っっており、韓国の歌手が単独コンサートを行うのは、今回が初めてだ。