YGエンターテインメント、WINNER&iKONの弟グループを作る! 11月にサバイバル番組スタート!

YGエンターテインメントがWINNER、iKONの後継者となる次世代のボーイズグループを作ることが20日、明らかになった。パン・イェダム、チェ・レソンら「KーPOPスタター」出身のYG練習生が次世代アイドルのためのサバイバル番組に”出撃”する。スポーツソウルが20日報じた。

報道によると、音楽関係者の話として、YGは11月に新ボーイズグループのための練習生サバイバル番組をスタートさせる。この番組はテレビでは放送せず、NAVER TVで独占放送される予定だ。

SBSのオーディション番組「KーPOPスター」への出演を通じて認知度を高めたパン・イェダムとチェ・レソンらYGの次世代アイドルデビュー組以外にも国内の他の芸能事務所の練習生も参加、さらに日本など海外から選抜されたグローバル練習生も登場させる計画だ。

YGがボーイズアイドルのサバイバル番組を作るのは4年ぶりだ。これまでYGはサバイバル番組を通じて男性アイドルグループを作ってきた。

まず、2006年MTVコリアで放送された「アルドキュメンタリーBIGBANG」を通じてBIGBANGを誕生させた。2013年Mnet「WIN:Who Is Next」という独自の練習生のサバイバルで優勝したAチームが2014年WINNERとしてデビューした。WINNERは、BIGBANG以来YGが9年ぶり2組目となる男子アイドルグループとして注目された。当時、デビューに失敗したBチームは2014年「MIX&MATCH」というサバイバル番組を経て、2015年iKONとして歌謡界にデビューした。

YGはBLACKPINKの後継ガールズグループを抜擢する番組も企画中だ。 最近、優先順位を調整し、男子アイドルのサバイバルを先にすることに決定したと伝えられている。

報道と関連してYG関係者は「iKONがデビューしてから3年が過ぎており、他の大手芸能事務所のようにYGからも新人が出るのは当然のことだ」と明らかにした。

さらに、「同じメンバー数や、同じ音楽的な雰囲気のチームを作らないヤン・ヒョンソク代表の性格を見る時、次のグループはYG内部でもまだ何も予測できないが、YGの放送チームたちと音楽プロデューサーたちの動きが加速していることだけは事実」と付け加えた。