”超新星”ソンモ、ミュージカル「三十歳の頃に」に出演! SUPERNOVAへの合流は?

”超新星”ソンモが12月28日から来年1月6日まで東京・赤坂ACTシアターで上演されるミュージカル「三十歳の頃に」に出演することが18日、分かった。同ミュージカルにはSUPER JUNIORのソンミン、元SS501のホ・ヨンセン、Block Bのユグォン、MYNAMEのセヨンらも出演するため、SUPER JUNIORやBlock B、MYNAMEの日本オフィシャルサイトに取り上げられたニュースからソンモの出演が判明した。

同作品は韓国で大ブレイクしたミュージカルで、現在を生きている中年の「僕」と、過去を生きている青年の「僕」…1998年と2018年、それぞれの主人公が経験する、違う「今」の話。現在と過去が交差するところで、夢と愛を歌う。日本初上演となる。同ミュージカルを主催するCaesars Japanは超新星のコンサートツアーの主催としても知られている。

ソンモは超新星として活動していた時の所属事務所だったmaroo企画と8月末に契約が終了した。ソンモを除く超新星のメンバー5人は(ユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニル)は、超新星からSUPERNOVAに改名し、新たな活動をスタート。ソンモはmarooとの契約終了後、SUPERNOVAに合流すると思われていたが、依然として進退に関する発表はされていない。

なおSUPERNOVAは17日からは4都市を回るツアーをスタートさせたばかり。11月6日には新曲「Chapter Ⅱ」をリリースする。