防弾少年団のファン、秋元康とのコラボ中止を求めボイコットを宣言!

AKB48のプロデューサーを務める作詞家の秋元康が日本で11月7日に発売される防弾少年団の9枚目のシングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」の表題曲「Bird」を作詞することが報じられた13日、ARMY(ファンクラブ)がボイコットを宣言した。

ARMYは、秋元康について「安倍政権の文化政策に積極的に参加するなど、右翼性向のある人物で、女性蔑視など女性に対する誤った考え方を持っている」などと指摘し、防弾少年団とのコラボに憂慮を示した。

実際、彼が製作した人気ガールズグループAKB48は2006年12月、太平洋戦争A級戦犯を合祀した東京の靖国神社で公演を繰り広げた。秋元康が直接企画したAKB48の単独コンサートではメンバーたちは旭日旗が刻まれた衣装を着て舞台に上がったりもした。AKB48は、靖国神社参拝、戦争美化、君が代斉唱、自衛隊の雑誌モデル、軍艦島訪問、右翼ミュージカル出演など数々の議論を量産してきた。

また、秋元康がプロデュースした別のガールズグループの欅坂46は2016年ナチス親衛隊の服装を連想させる衣装を着て米国のユダヤ人人権団体から激しい抗議を受けた。当時、当該事件が全世界的に報道になると、秋元康と所属レコード会社は正式に謝罪した。

秋元康が書いた歌詞も女性蔑視、援助交際、未成年者を性的な対象にするなど扇情的な内容を扱っており、日本国内でもひんしゅくを買ったことがある。

こうした事実を受けて、防弾少年団のファンたちは世界中の児童や青少年の暴力の根絶に向けて尽力している防弾少年団と右翼、女性蔑視及び幼児性愛論議があるプロデューサーとのコラボは容認できないとの文書を出した。また、ファンはBigHitのパン・シヒョク代表が秋元氏の世界観が好きで作詞を自ら依頼したことが明らかになり、反発を強めている。

ARMYは「「右翼の作詞家とのコラボを直ちに中止し、関連資料の全廃棄を要求する」とし、「曲の撤回の内容以外のフィードバックは受け入れません。14日午後12時までにいかなるフィードバックもない場合、BigHitのすべてのコンテンツをボイコットする」などと断固とした立場を明らかにした。

ところが、BigHitはファンのフィードバック要求に無回答のまま、グローバルオーディションを開催するというニュースを伝え、ファンの怒りに油を注いだ。ARMYは再度ボイコットの意思を強固にし、音源ストリーミングから「V LIVE」コンテンツの消費などに対し、全面ボイコットを実施している。

関連記事一覧