海外遠征売春で罰金刑のG.NAが活動再開を示唆?! 1年半ぶりにSNSに心境綴る

2018-09-15

歌手G.NAが13日、 Instagramに約1年6カ月ぶりに英語の長文をアップし、近況と現在の心境を明らかにした。

G.NAは昨年3月、CUBEエンターテインメントとの専属契約が満了したという事実を公式発表した後、今まで芸能活動をまったくしないまま休息の時間を持った。空白期間中には海外遠征売春容疑で立件されていた。

G.NAはまず、「本当に1年を超える時間が流れました」と切り出し、「今まで待ってくださったすべての方々に感謝します。多くの障害物と心的苦痛、後を絶たないデマが出回りましたが、私を信じて付いてきてくれたファンたちのおかげであきらめませんでした」と綴った。そして、「これから、新たなスタートを切ります」とし、芸能活動再開を示唆した。

2010年にソロ歌手としてデビューし、数多くのヒット曲をリリース。セクシーなボディーとともに人気を集めたG.NA。活動再開を示唆したにもかかわらず、大衆の反応は冷ややかだ。

G.NAは文章を通じて空白期間中の騒動について言及し、「多くの障害物」「後を絶たないデマ」「苦痛」などという単語で表現した。デマが具体的に何を指しているのかは不明だが、ネットユーザーは、「G.NAが海外遠征売春をデマと言っている」と推測している。だが、「その(売春)のイメージだけが浮かぶ」「お金ほしさにまた出てきたのではないか?」などと皮肉なコメントを寄せた。

また、英文で心境文を書いたことに対するファンの反発も大きい。米国系カナダ人であるG.NAにとって英語は母国だが、これまで韓国で活動し、韓国のファンを対象に収益とブランド価値を高めてきた。また、韓国での活動再開を示唆しているだけに「いくら韓国系カナダ人であっても、韓国で活動するなら少なくとも韓国語で書くべきだ」という批判の声があがっている。

G.NAは昨年5月、海外遠征売買で警察に立件されている。当時、韓国メディアの報道では実名が公開されなかったが、G.NAは2015年に株投資家を含めた2人と3回にわたって性関係を結び、約4000万ウォン余りを受け取った容疑を受けた。その後、G.NAは「交際していた人だった」と弁明したものの金銭授受が明らかになったため、G.NAら被疑者は容疑をほぼ認め、G.NAは性売買斡旋などの行為処罰に関する法律違反容疑で200万ウォンの罰金刑を受けた。

活動再開を示唆したといえ、大衆の冷たい反応を見ると、かなり険しい道となりそうだ。どこでどのように活動を始めるのか、彼女の行動に注目が集まる。