ソンミ、「ミュージックバンク」の事前収録中にめまい訴え病院へ

2018-09-15

Wonder Girls出身の歌手ソンミが14日、KBS 2TV「ミュージックバンク」の事前収録の途中にめまいを訴え、病院に運ばれたことがわかった。

所属事務所関係者はこの日、公式SNSを通して「本日行われる予定だった『ミュージックバンク』生放送のステージに、所属アーティストのソンミが参加できないことをお伝えする」と明かした。

関係者によると、ソンミはこの日午後に行われた「ミュージックバンク」の事前収録中、めまいの症状を訴えたため、収録を急きょ終えた後、病院へすぐに移動し、専門医療陣の治療を受け、休息しているという。一時的な症状とみられるが、様子を見守った方がいいとの担当医の所見により、生放送のステージは欠席することになったという。

ソンミは4日にミニアルバム「WARNING」を発表し、タイトル曲「Siren」で活発な活動を続けている。同曲は公開と同時に各種音楽配信サイトで1位をとったほか、13日にはMnet「M COUNTDOWN」でも1位になるなど人気を集めている。