KARA出身ク・ハラの暴行事件、先に蹴ったのは恋人だった!? 酒に酔って無断で侵入…

ガールズグループKARA出身の女優ク・ハラ(27)が、同い年のヘアデザイナーの恋人Aさん(27)から別れ話を切り出されたことに怒りAさんを暴行したとの疑いを受けている中、Aさんの方が先に手を出したとの証言が出てきて、形勢逆転の様相を見せている。

Dispatchが14日報じたところによると、Aさんは13日午前零時半ごろ、ソウル・論硯洞(ノニョンドン)にあるク・ハラの自宅ビラを訪れ、暗証番号を押して家に入った。酒を飲んでいたAさんは、寝ていたク・ハラを足で蹴って起こし、家にあった日用品なども放り投げて壊したという。このため2人は口論となり、感情がたかぶりもみ合いとなり、これによってAさんの顔に傷ができ、ク・ハラの体にはあざができたという。

Aさんは家の外に出て、「彼女から一方的に暴行を受けた」と警察に通報。午前3時30分に警察が出動すると、Aさんはク・ハラから受けた傷を見せ、被害者であることを主張した。一方、ク・ハラは「Aさんが自宅に無断で侵入し、物まで壊した。私もあざができた」と主張したという。

2人と親しい知人はDispatchの取材に「Aさんがク・ハラを先に足で蹴った。部屋にあったものを壊し、騒ぎを起こしたのは間違いない」と明らかにした。

警察は、2人の暴行容疑について調べる予定だ。破壊されたものなどを撮影しておりAさんに対しては、住居侵入と器物損壊などでの捜査を検討している。

一方、Aさんは江南のショップに務めるヘアデザイナー。実力だけでなく容姿も抜群で、20代の人気俳優に似ているという。今年初めには一緒にビューティー番組に出演したという。

関連記事一覧