KARA出身ク・ハラ&恋人、警察の出頭要求に応じず! 14日中に日程調整しなければ「出頭要求書」送付

ガールズグループKARA出身の女優ク・ハラ(27)がヘアデザイナーの恋人Aさん(27)に対する暴行容疑と関連し、依然としてダンマリを決め込んでいる中、警察が「ク・ハラとAさんが警察の出頭要求に応じていない」と明らかにした。複数のメディアが報じた。

報道によると、警察関係者は「ク・ハラはもちろん、通報したAさんも個人スケジュールや病院に行く、あるいは弁護士と話をするなどさまざまな理由を並べ立てて、出頭を先延ばしにしている」とし、「14日中に日程を調整をしないようならば出頭要求書を発送する方針」と付け加えた。

ソウル・江南警察署は13日、「ク・ハラがソウル・論硯洞(ノニョンドン)に所有しているマンションで、ク・ハラがAさんを暴行したという通報を受けた」と明かした。警察によると、ク・ハラは、恋人が別れ話を切り出したため、これに激怒して暴行したという。当時に状況について、ク・ハラは「彼氏が立てと言って、自分を足で蹴った。その後ケンカをして、引っ掻いて殴っただけ」と陳述し、双方の暴行であることを主張。Aさんは一方的に暴行を受けたと主張している。

江南警察署関係者は「まだク・ハラの召喚日時は決定していない。これ以上詳しい捜査日程は明らかにし難い」と付け加えた。

所属事務所コンテンツYは今回の事件と関連し、暴行容疑及び熱愛について、「本人に確認中」としている。

一方、チャンネルAは13日、Aさんからの通報で警察が出動するCCTV映像を公開した。通報を受けて出動した警察は、ク・ハラの自宅入口の防犯カメラの存在を調査し、現場調査も終えた。この映像には周辺を調査した後、エレベーターに乗ってハラの自宅の中に向かう警察の姿だけが収められており、ク・ハラとAさんの姿は映っていない。