超新星の妹グループBonus Baby、平均年齢16.6歳! 最年少ガールズの誕生

2018-09-10

来年1月1日にデビューする新人ガールズグループ、Bonus Babyが歌謡界最年少のガールズグループとなる。

maroo企画がデビューに向けて準備を整えているBonus Babyは、2001年生まれのコンユから1997年生まれのムンヒまで6人のメンバー全員が10代で構成されており、平均年齢は16.6歳だ。

現在、歌謡界で活動中の多くのガールズグループのうち、Aprilが2015年のデビュー当時、平均年齢17.5歳で話題を集めたことがあるが、Bonus Babyは、それよりも若く、大きな注目を集めている。

maroo企画は「Bonus Babyは10代半ばを超えた6人の少女たちで構成されている。世間擦れしていない少女たちの陽気で明るい雰囲気で、多くの人々の心の中に良いエネルギーをプレゼントしたい」と話している。

Bonus Babyは、来年1月1日、音源やプロモーションビデオを公開し、大海原に飛び出す。

※写真は(C)maroo企画