”睡眠障害”KARA出身ク・ハラが退院! しばらくは休息

睡眠障害などで入院していたKARA出身ク・ハラがソウル病院での検査と治療を終えて退院した。

所属事務所CONTENT Yは6日午後、TVDailyの取材に「ク・ハラが今日(6日)午後1時ごろに無事退院した。しばらくは休息を取りながら健康管理に気を使う計画だ。心配するような状況はまったくない」と公式立場を明らかにした。

ク・ハラは5日、睡眠障害と消化不良により体調が悪化したため入院。関連したさまざまな検査と治療を受けた結果、特定の病気は発見されなかった。

入院をめぐっては自殺未遂説まで流れ、ファンを心配させた。5日に、「ハラが薬を飲んで自殺を試み、病院に運ばれてきた」という衝撃的な内容の証券街チラシ(世間の噂などが記載されているゴシップ誌)がSNSやモバイルメッセンジャーアプリを通じて拡散されたのだ。

これを受けて所属事務所CONTENT Y側はすぐ公式コメントを発表し、自殺未遂説を否定した。関係者は「病院に行ったのは事実だ。これまで睡眠障害と消化不良の治療を受けてきた。処方された治療薬を服用したが、体調が良くなく病院を訪れて知慮うを受けている」と説明。そのうえで、「深刻な状態ではない。安静を取っている」と明かした。

ク・ハラ2008年、KARAのメンバーとしてデビューした。歌手活動だけでなく女優やバラエティーなど多方面で活躍している。

[clink url=”https://koreaentame.com/archives/3763″]
最新情報をチェックしよう!