ヒット曲「下宿生」で人気、チェ・ヒジュンさんが死去 国会議員としても活動

ベテラン歌手チェ・ヒジュンさんが24日、死去した。82歳だった。

音楽関係者によると、チェ・ヒジュンさんは同日、持病のため死去した。

チェ・ヒジュンは1960年「私たちの恋人はオールドミス」でデビューした。当時としては珍しい大学生の歌手で、ソウル大学で法学を専攻した経歴で話題になった。

代表曲「下宿生」は、その後、後輩のイ・スンファンがリメークしている。トロットではなくジャズを基盤にしたポップとスイングミュージックなどを披露して親しまれた。

1995年には政界に進出し、国会議員としても活動。歌手出身の政治家第1号といわれた。

チェ・ヒジュンの殯所は江南聖母病院であり歌手協会葬として行われる。