豊胸手術疑惑否定のチェ・ソミ、悪質なネットユーザーに警告

2018-08-24

[s_ad]

胸部レントゲン写真と医師の診療所見書を公開して豊胸手術疑惑を否定したインターネット放送BJ(Broadcasting Jocky)出身の人気モデル チェ・ソミが、悪質なネットユーザーに警告を発した。

チェ・ソミは11日、Instagramに「医師の所見書とレントゲン写真を出したのに、今度は超音波、CT、MRIを出せとは」と呆れ気味に切り出し、「再度申し上げますが、胸の手術はしていません」と改めて豊胸手術疑惑を否定した。

さらに「レントゲン撮影を行った病院に無慈悲に電話して、常識外れな言動をしている方々は営業妨害罪が成立します」と過激な行動を行うネットユーザーがいることを暴露したうえで、「私はこれ以上対応する考えがありません。しかし、私を着実に見てきた方々が本当に願うのならば、正確な撮影を通じてもう一度証明してさし上げることができるでしょう」と明かした。そして、「しかし、そうするとしても、文句を言う人たちは消えるのでしょうか。私はストレスは受けません。たんにもどかしいです」と綴った。

チェ・ソミは9日、Instagramに、「これまで、豊胸手術したかどうかについて、多くの方々が気になっていましたし、またそれだけ誤解を受けてきました。最初はその誤解を気にしないようにしていましたが、ますます既成事実化していくのを見て、今すぐに訂正する必要があると判断し、あえて検査を受け、医師の先生に写真をSNSにアップロードするという了承も得ました」と明かし、「ここまで情報を差し上げても、信じられない、信じないならご苦労さまです!」と付け加えた。

あわせて胸部レントゲン写真と「胸部レントゲン上、人工的に挿入されているものは観察されなかった」という、医師の診療所見書の2枚をアップした。

[clink url=”https://koreaentame.com/archives/2788″]