ショーケース中に気絶したSHA SHAワンリンが意識回復 今後の活動は「検査結果を受けて決定」 

[s_ad]

ガールズグループSHA SHAに新たに加わった中国人メンバー、ワンリンが23日、お披露目となるショーケースの途中、体調不良のため気絶し、病院に搬送されるというアクシデントに見舞われた。病院で意識を回復した後、検査を受けたワンリンは24日に検査結果が出た後、今後の活動の有無を決定する予定だ。

SHA SHAはこの日、ソウル・西橋洞(ソギョドン)のHANAツアーVホールで2ndシングル「WHAT THE HECK」発売記念ショーケースを開催し、ステージを披露した。

7月にイアン、カラム、ソヨプがチームを脱退し、ワンリンと日本人メンバーのチャキ、韓国人メンバーのハギョンが加わり、新たに生まれ変わったSHA SHAをお披露目する大事なイベント。ワンリン自身、韓国デビューする意義深い日だった。

ワンリンは質疑応答で、「今一番会いたい人は誰?」という質問に「中国にいる母に会いたい。友達が来るようなので幸せです」と答えた。ところがその後、突然意識を失って倒れてしまった。メンバーはもちろん司会を務めたMCディンドンも心配そうに駆け寄った。ワンリンが舞台裏に運ばれるとMCディンドンは「これ以上の進行は不可能だ。あいさつして終わらせたい」といってショーケースを中断した。

関係者によると、ワンリンは午前中から体調が悪かったが、ショーケースとあって、最後まで頑張ろうとして倒れてしまった。直ちに病院に搬送され、検査を受けた。

SHA SHA側は23日、公式報道資料を通じて「ワンリンは病院に搬送が意識が戻った。検査を終えて安静にしている。明日の午後には検査結果が出るので、今後のスケジュールについては検査結果が出た後、決定する」と明かした。

ワンリンの突然のアクシデントにもかかわらずSHA SHAは24日のKBS 2TV「ミュージックバンク」を皮切りに活発な活動を繰り広げる予定だ。