• HOME
  • ニュース
  • TOPICS
  • ソン・シギョン、日本語能力試験の最高位に合格! 英語もペラペラ…語学の天才

ソン・シギョン、日本語能力試験の最高位に合格! 英語もペラペラ…語学の天才

「鼓膜彼氏」の異名をとる歌手ソン・シギョン(39)が22日、日本語能力試験の最上級「N1」クラスに合格した。「合格したのは全部皆さんのおかげです。お気遣いありがとうございます」とファンに感謝。「とにかく良かったです。これからも日々精進していきます」と喜んだ。

日本語を母語としない人を対象とした日本語試験で5段階中最上級の「N1」は、幅広い場面で使われる日本語を理解できるレベルで、日本の国立大学への派遣国費留学ができる水準。合格率は約3割とされる。

スポーツニッポンによると、シギョンの日本語は綾小路きみまろ(67)の漫談で学び、通訳なしで打ち合わせができるレベルという。日本でのライブでは歌声のほか、持ち前のトーク力と“きまみまろ仕込み”のギャグも交え、客席を沸かせているとも報じた。

今年6月にはテレビ東京「孤独のグルメSeason7」の「韓国出張編」に出演し、流ちょうな日本語を披露して話題に。同ドラマが9月3日に韓国・ソウルで行われる「ソウルドラマアワード2018」を受賞することが決まり、シギョンはプレゼンターとして主演の松重豊(55)と壇上で再会する。

ソン・シギョンは高麗(コリョ)大学を卒業し、同大学院・言論大学院を卒業した。父親はソウル大学、母と二人の姉は、梨花女子大、韓国外大を出る高学歴一家の出身だ。幼い頃に海外滞在経験があり、中学校の時にマライア・キャリーの音楽を聞くために英語の勉強を頑張ったため、英語もペラペラだ。

関連記事一覧