チョン・ソミがJYPを離れた理由とは? 「次期ガールズグループはシン・リュジンらが中心」

2018-09-24

[s_ad]

I.O.I出身のチョン・ソミがJYPを離れることを決めた中、彼女がこのような決断を下した理由とともに、彼女が退社したことにより、TWICEに続いてJYPの将来を担うガールズグループのセンターに誰がなるのかに注目が集まっている。

チョン・ソミはJYPとの専属契約解除を発表する前日19日、インスタグラムに書き込みをアップ。近況写真とともに「The darkest nights produce the brightest stars.You guys are my everything.Love you lotsss(最も暗い夜が最も明るく輝く星を作る。あなたたちは私のすべてのもの。愛してるよ)」と意味深な言葉を綴った。

ただチョン・ソミは具体的な退社の理由を明らかにしておらず、JYPも「別に申し上げることはない」と口を閉ざしている。

チョン・ソミは2016年に放送されたMnet「プロデュース101」から誕生したガールズグループI.O.Iのメンバーとしてデビューしたが、その時はJYPのサバイバルプログラム「SIXTEEN」で、すでに多くのファンを保有した状況だった。「SIXTEEN」からはガールズグルーTWICEが誕生したが、チョン・ソミはTWICEのメンバーに入ると目されていたが、最終的に脱落した。

惜しくもTWICEには抜擢されなかったが、「プロデュース101」では、圧倒的なファンダムとあふれる才能をもとに放送序盤から人気を博し、センターの座まで獲得した。

I.O.I解散後は、KBS「お姉さんたちのスラムダンク2」に出演し、再びガールズグループに挑戦。Unnies(オンニス)として華やかに再デビューした。オンニスの最後のステージを終えたチョン・ソミは「とても残念なのは、私はなんでいつもこんなにちょっとなんだろう…これがとても悲しすぎる」と短い活動期間に涙を流した。

JYPは昨年、ボーイズグループStray Kidsがデビューさせただけに、JYPが新たに作るガールズグループにも関心が集まった。一時代を築いたWonder Girls、miss Aが解散する一方で、TWICEがJYPの新たなガールズグループの”顔”となった。その流れを引き継ぐガールズグループの中心には当然、チョン・ソミが入るとみられていた。チョン・ソミが最近、練習生たちと一緒のところをキャッチされ、ガールズグループのデビューが迫っているという噂も広がった。

ところが念願の正式デビューどころかJYPとの決別だった。

JYPは、ガールズグループを準備していることを認めた上で、「JTBC『MIX NINE』で1位を獲得したシン・リュジンらが主要メンバーだ」と具体的な名前を挙げて明らかにした。また、パク・ジニョン代表は最近、全員が日本人メンバーで構成されたガールズグループを2020年のデビューを目標に準備中であることも明かしている。

シン・リュジンについては、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表も「MIX NINE」に出演した当時、「JYPで初めて見た時が忘れられない。自分にチャンスが来た時100%活用できる実力者」とその潜在能力を高く評価し、「JYPにいるのが残念だ。奪ってきたいくらい」と絶賛して注目を集めた。シン・リュジンの存在がチョン・ソミの退社になんらかの影響があったのだろうか…。

いずれにせよチョン・ソミはまだ17歳。未来は無限に広がっている。JYPを離れ、新たに始めるチョンソミの今後の歩みに注目が集まる。