防弾少年団、「FAKE LOVE」が米レコード産業協会からゴールドディスクに認定 通算3度目快挙

防弾少年団が米レコード産業協会から3度目のゴールドディスク認定を受ける快挙を達成した。

米レコード産業協会(Recording Industry Association of Americam、RIAA)は14日(現地時間)、防弾少年団の「FAKE LOVE」が「ゴールド」デジタルシングル認証を受けたと明らかにした。

防弾少年団がゴールドディスク認定を受けるのは今回が3回目だ。2月に「MIC Drop」と「DNA」で2回のゴールドディスク認定を受け、韓国の歌手の中で最多記録を打ち立てた。

米国レコード産業協会は、デジタルシングル及びアルバムの販売枚数によってゴールド(50万枚以上)、プラチナ(100万枚以上)、マルチプラチナ(200万枚以上)、ダイヤモンド(1000万枚以上)に区別し、認証する。デジタルシングルはデジタルダウンロード、オーディオおよびビデオストリーミングなどを反映させて集計する。

「FAKE LOVE」は防弾少年団が5月に発売した3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 “Tear”」のタイトル曲で、運命だと思った恋が偽りだったということに気づくという内容だ。リリース後、米ビルボードメインシングルチャートであるHOT100で10位になり、全世界52カ国・地域のiTunes「トップソング」チャート1位を記録した。

防弾少年団は8月24日、リパッケージアルバム「LOVE YOURSELF 結 “Answer”」を発売する。