ハン・ソヒ、SNSに旭日旗を切り裂く映像を投稿…韓国ファンら「痛快だ!」 ソルリSNSへの悪質コメントが影響??

2018-08-16

BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引して話題を集めたハン・ソヒが、SNSに戦犯旗(旭日旗)を破る映像をアップして、韓国のネットユーザーたちが快哉を叫んでいる。

ハン・ソヒは15日午前、Instagramに、2012年に放送された抗日精神が描かれたKBS 2TVドラマ「カクシタル」の中のカクシタルが刀で旭日旗を切り裂くシーンの動画を投稿し、「やっぱり最低ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3」というコメントを残した。

ハン・ソヒの投稿は、光復節(日本による植民地からの解放)を記念しての行動とみられる。また前日に行われた「旭日旗=戦犯旗」Instagramキャンペーンに参加していることからその一環との見方もある。同キャンペーンはモデルの顔に旭日旗の形の傷を描いたポスターをインターネット上に拡散させることがイベントの核心となっている。

さらには、歌手兼女優のソルリが前日の14日にInstagramで「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を紹介したところ、一部の日本人ネットユーザーが悪質な書き込みを残しことから、その行動を意識したものでは?との指摘もある。

[clink url=”https://koreaentame.com/archives/2122″]

ソルリは14日、「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を迎え、公式ポスターをアップした。「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」は日本軍慰安婦問題を国内外に広く知らせるとともに、慰安婦被害者の尊厳と名誉回復、国民の正しい歴史観の確立、女性人権の増進を図るために制定された国家記念日だ。1991年8月14日、金学順が自ら元慰安婦であったことを明らかにした日に由来するもので、今年から施行された。

ソルリの投稿を見た一部の日本のファンらは「二度と日本に来るな」「失望した」などといった悪質なコメントを残して議論を呼んだ。

一方、ハン・ソヒの投稿を見たネットユーザーからは「痛快だ!」「大韓民国万歳!」「(日本のネットユーザーが)ここに押し寄せて来て狼藉を働くのではないか?」などの反応を見せた。