キム・アジュンを遺体で発見?! ”チラシ”が出回る 所属事務所は死亡説を「事実無根」と否定

女優キム・アジュン(35)が荒唐無稽な死亡説に包まれた。

14日、オンライン上には別名「チラシ」(悪質な噂やデマの記事)が出回った。チラシには「映画『美女はつらいよ』に出演して一躍スターになった俳優が13日午後、自宅で遺体で発見された」という内容が書かれていた。ここにキム・アジュンの履歴と「死因は明らかにされていなかった」などと書かれており、もっともらしく見えるように作られていた。

これに対して所属事務所キングエンターテインメントはこの日、「荒唐無稽だ。数日前から地方に行って台本読みを行っているし、今日は個人的な用事で忙しい。個人的なスケジュールで忙しく時間を過ごしている状況」と説明。「このような”チラシ”がどこから広がってるかは分からないが、当社としても荒唐無稽だというほかにない」とあきれている。

今後の対応については「議論しなければならないだろう」とし、今のところ告訴など具体的な計画はまだないが、今後も悪質なデマが続く場合は告訴なども検討しているという。

オンラインで急速に広がったキム・アジュンと関連した噂は、所属事務所の否定により、ハプニングで終わった形だ。

キム・アジュンは、現在OCNで制作されたドラマ「バッドガイズ-悪い奴ら-」のスピンオフ映画への出演を決めた状態で、最近まで台本読みと広告撮影などで忙しい日々を送った。