チャン・グンソク、7月16日入隊を正式に発表! 躁うつ病で社会服務要員として服務

2018-07-08

俳優で歌手のチャン・グンソク(30)が16日に入隊することが6日、正式発表された。

所属事務所Tree J Companyはこの日、「チャン・グンソクが兵務庁の身体検査で『双極性感情障害(躁うつ病)』により4級兵役判定を受け、16日に入所後、兵役の義務を履行することになった。これにより、社会服務要員として2年間、代替服務する予定」と発表した。

所属事務所によると、チャン・グンソクは2011年に大学病院で初めて「双極性感情障害」との診断を受け、その後行われたすべての再身体検査で再検査対象の判定を受けてきたという。ただ、「この過程において、自発的に入隊を延期したことはないし、兵務庁の再検査の要求を誠実に履行してきた。そして最近、4級社会服務要員の召集対象になった」と説明した。

さらに、「身体等級事由は個人情報であり、俳優の健康状態を明らかにすること自体が慎重となる部分」としたうえで、「チャン・グンソクはファンの関心によって成長し、愛によって存在していることをよく分かっている。そのため、極めて個人的な問題であっても、大衆に明確に開示することが責任であり、道理であると考えた」と双極性感情障害を告白した理由をを明かした。

また、「チャン・グンソクが双極性感情障害の克服に向けて最善を尽くし、後遺症を経験しながらも均衡を見出そうと努めたが、満足する結果を得られなかった」といい、「今後の社会服務においていかなる職務を担ったとしても、誠実に臨む」と約束した。