中国版「プロデュース101」側、宇宙少女ミギ&ソニの脱退不可「法的根拠なし」

2018-08-12

中国版「プロデュース101」であるテンセントTV「創造101」側が、宇宙少女のミギとソニのチーム脱退宣言に反論した。

宇宙少女の中国所属事務所Yuehuaエンターテインメント(楽華娯楽)は、ミギとソニが「不合理なスケジュールとメンバーの精神的ストレス」を理由に、「創造101」からデビューするガールズグループ「ロケット少女(火箭少女、Rocket Girls)」を脱退すると公式発表した。

これに対して「創造101」側は9日、番組とロケット少女の公式Weiboに声明文を掲載し、「(Yuehuaが提示した)『アーティストの心身的健康を考慮しなかった』『独断的業務処理の方式』という2つの理由で、契約解除に言及することは法的根拠がない」と反論した。

そして、ロケット少女から退宣言をしたYuehuaエンターテインメントのミギとソニ、マイルイエンターテインメント所属のメンバー张紫宁(winnie)に対する独占マネジメント権を主張し、「(広告主など)すべての合弁会社が(ロケット少女マネジメント会社である)ジョウティエンエンターテインメントの3人のメンバーに対する独占マネジメント権を尊重して欲しい」とし、「当社の正当な権益を侵害する合弁を許可しない」と付け加えた。

「創造101」のロケット少女とYuehuaエンターテインメントの宇宙少女の両者は、契約をめぐって対立した。立場の違いを埋められていない状態で、ロケット少女はデビューショーケースのスケジュールを一方的に告知し、これに不服とした宇宙少女側がミギとソニのロケット少女脱退を宣言した。

今年6月に放送終了した「創造101」では、ミギとソニはそれぞれ1位と2位となった。

[clink url=”https://koreaentame.com/archives/1532″]