• HOME
  • ニュース
  • トラブル
  • ”グループ内暴行事件”でMASC脱退のチビン、「検察がエースの一方的な暴行傷害容疑を認めた」

”グループ内暴行事件”でMASC脱退のチビン、「検察がエースの一方的な暴行傷害容疑を認めた」

グループ内暴行事件でグループMASCを脱退したチビンが、事件の進捗状況を明かした。

チビンは4日午前、Instagramに「現在、加害者の一方的な暴行傷害容疑が認められ、検察の判決が進んでいます。加害者のSNSに掲載された主張を確認した結果、加害者を調査した刑事さんは『加害者に対する示談金のはずだ。ぱっと見ればわかる』というような加害者を擁護するようなニュアンスの発言はしておらず、さらに確実なことは、一方的な暴行であることです」と主張した。

さらに、チビンはエースから治療費を受け取らなかったことも明かした。「僕は治療費のような一切金銭的なものは現在まで加害者から受け取った事実はないことをお知らせいたします。僕と加害者の2人を抱きかかえながら止めた時は、僕は頭と顔を殴られた後です。その後、興奮状態で取り押さえられている僕に、止めてくれた人たちを押しのけた後、足蹴りを2回ほどしたのも事実です。加害者は、僕が急に悪口を言いながら走ってきたと主張していますが、垂直的な関係であったことを思えば、想像すらできませんし、事実ではありません」と綴った。

MASCは先月26日、チビンが、同じくメンバーだったエースから約5カ月前に暴行されたことを暴露し、話題になった。チビンは、当時の状況について、「3月8日、レッスンに行くために一緒に移動しようとしているところ、エースから一方的に暴行された」とInstagramを通じて明かした。

加害者と名指しされたエースは、2日後の28日にInstagramを通じて謝罪し、グループから脱退することを伝えた。しかし、エースが自分の心境を込めた音楽をアップしたことで注目を集めた。また、傘を石垣で折って凶器にしたというのは事実ではないと反論し、止めるメンバーらに向けての暴行も絶対になく、5カ月間、謝罪もなく姿を消したという話も事実ではないと付け加えた。

MASCの所属事務所JJ HOLICメディアは、グループ内の暴行事件について公式謝罪した。

関連記事一覧