超新星ゴニル、21カ月の軍服務を終えて除隊! 駆けつけたファンと笑顔で再会

 

超新星ゴニル

人気ダンス&ボーカルグループ超新星のゴニルが25日、21カ月間の兵役を終え、除隊した。

2016年4月26日に現役兵として入隊し、その後、陸軍第3歩兵師団本部勤務付軍楽隊で服務したゴニルは、この日午前、江原道鉄原(カンウォンドチョロン)部隊で、同期たちとともに除隊式を行った。

超新星ゴニル

部隊の前には氷点下20度を超える厳寒にもかかわらず約30人のファンがお出迎え。またメンバーのソンジェも駆けつけ、ゴニルの”帰還”を祝福した。なお、リーダーのユナクは日本で活動中のため参加できなかった。

超新星ゴニル

ゴニルは除隊を心待ちにしていたファンに手を振り元気な笑顔を見せた後、ファン一人一人と握手をし、感謝の気持ちを伝えた。ソンジェはゴニルに「お疲れ様でした」と激励の言葉をかけ抱擁を交わした。

超新星ゴニル

超新星ゴニル

前夜は一緒に過ごした仲間と1年9カ月間の思い出話に花を咲かせ、最後のあいさつをしたというゴニルは、「1年9カ月間の兵役を無事に終えました。まるで夢のようで本当に嬉しいです。マイナス20度のすごく寒い中、ファンの皆さんがここまで来てくれて感動しました」と除隊した心境を告白。「待っていてくれて本当に有難うございます。兵役中は皆さんの大切さを改めて感じました。これから皆さんとたくさんのいい思い出をつくっていきたいと思います。ついてきてください。頑張ります!」とファンへの感謝の言葉を伝えた。

入隊時に「全く別の世界になることが心配でもあり、そしてとても楽しみでもあるし、いろんな人達との出会いを大切にしたいと思います。もっと強くなって戻ってきます」と誓ったゴニル。これからどんな姿を見せてくれるのか期待は高まるばかりだ。

 

さっそく2月8日には東京・杉並公会堂で「ゴニル除隊記念ファンミーティング」を開催する。除隊後初の日本活動となるファンミーティングを2週間後に控え、「入隊する前くらいにダイエットして大人のゴニルの姿を見せたいと思うし、ダンスのレッスンなど頑張りたいと思います」と早くも意気込んでいる。

2016年にメンバー6人のうち弟メンバー4人が入隊し、リーダーのユナクとソンジェでグループを守るべく日本での活動を行ってきたが、ゴニルに続き、同時期に入隊したグァンスとジヒョクが3月に、ソンモが4月に除隊を控えている。春にはファンが待ち望んでいた完全体の超新星が戻ってくる。

関連記事一覧

特集記事

TOP