T-ARAウンジョン&SUPERNOVAゴニル、「事あるごとに細胞分裂」で共演 10日スタート

事あるごとに細胞分裂

T-ARAのハム・ウンジョンとSUPERNOVAのパク・ゴニルが単幕劇「事あるごとに細胞分裂」に出演する。

10日に放送を控えた単幕劇「事あるごとに細胞分裂」(演出アン・ソンゴン)はSNSを通じて無作為に広がる数多くの広告と映像のように虚偽誇張人生を生きる主人公たちが、真の自我と本当の愛を探していく過程を描く作品だ。 「いろいろな嫁」や「ラブリー・スター・ラブリー」などさまざまな作品で独歩的な存在感を見せ、好評を博したウンジョンと「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ」以降、キャラクター変身を試みたゴニルが呼吸を合わせる。

ウンジョンは広告制作会社の社長であり、制作PDのアン・ドナ役を引き受けた。 劇中のアン・ドナは完璧なルックスから明晰な頭脳まで「完全体」に見えるが、実は粗雑で冷淡な性格で、自分を徹底的に表に出さない人物だ。ウンジョンはアン・ドナ役を通じて「突飛でがさつなクールビューティー」の見本を披露し、今までとは違う破格の演技変身を予告する。

ゴニルは善良な美男農夫のイ・ソンジェに扮する。イ・ソンジェは華やかな アイドル生活を送っている中、動画波紋によって一瞬にしてどん底に落ち、祖父とともに人参農場を経営している。ゴニルはイ・ソンジェを演じながら温かくソフトなイケメンの姿と、時には大胆でカリスマあふれる姿まで多様な魅力を発散し、さらに幅の広がった演技で魅了する。

また、MBCドラマ「偶然見つけた一日」」で注目を浴び、毎回100万回の視聴回数を記録したウェブドラマ「少女の世界」をはじめ、「私の名前に」「ぽっちゃりとした恋愛」など多数の作品で活躍した女優ハン・チェギョンは、最近10代が好む職業1位のYouTubeクリエイターであり、ビューティーインフルエンサーとして化粧品会社まで立ち上げた有能な20代のCEOダヤを、彼女ならではのカラーを入れて魅力的な演技を披露する。 劇中のダヤは、ドナとソンジェの人生に影響を及ぼす人物として、どんな役割を担うかにも注目だ。

「事あるごとに細胞分裂」は2月10日午後3時30分からDramaxチャンネルで連続放送される予定だ。

関連記事一覧

特集記事

TOP